銀行の自動車ローンを知らないなんて

私の夫は、クレジットカードの借り入れがあるので銀行の自動車ローンを組むことはできないと信じこんでいた。それなりの収入、それなりの勤続年数、それなりの会社。そんなことが関係ないと知ったのは昨年の夏のことだった。確かに今まではローンの類全般に初心者で、あまり詳しく調べたり銀行のパンフレットをもらったりはしなかったようだ。

私自身もCMなどで銀行の自動車ローンの宣伝を見たりしてそういうものがあるという事しかしらない全くの初心者で、夫に銀行の自動車ローンを勧めても先ほど書いた理由を言われただそれを鵜呑みにしていた。おそらく私達夫婦の勉強不足であるのはもちろんだが、同じような考えであったり知識の人はとても多いと思う。そう、多くの人は自動車ローンだけでなく、ほとんどのローンは初心者なのだとおもう。なんだか、ローンをすると雪だるま式に利子がつき、あとあと怖い結果になってしまうという変な先入観のある人が多いのではないか。

わたしは、昨年の夏に銀行の自動車ローンを借りるようになってからいろいろなローンのパンフレットに目が行くようになった。全くの初心者が少しの知識と経験を得て、他のモノにも興味を持ったということだと思う。


昨年の夏、我が家は中古車を購入した。購入を検討していたクルマ販売の店では当たり前のようにとあるクレジット会社の自動車ローンの案内をしてくれ、当たり前のように多くの利子がかかるその自動車ローンを勧めてきた。私も確かに初心者だったが、以前は仕事で忙しく調べもしなかった銀行ローンについて調べてみた。すると明らかに銀行の自動車ローンのほうが安く驚いた。車を購入するのは頻繁ではない初心者ばかり。

当たり前のようにクレジットカード会社の自動車ローンを勧められ契約するのは初心者ばかり。もっと販売業者も、「銀行の自動車ローンはいかがですか」と言ってくれればよかったのに、と思ってしまった。結局私たちは銀行の方でローンを組んだ。ついでに、もう一台、以前利子の高いクレジット会社で契約し借入した分を銀行のローンで一括にできないか相談し、審査も通った。組み直せば少しは安くなるのではないかと思い、銀行員の方もそのほうが絶対いいと思いますと言ってくれ、私たちもいいところに気づいたものだと喜んでいたら先に高い利子の分を支払っていたのか、乗り換えの手数料が高かったのか特にはならなかった。同じ考えで後で乗り換えたいと思う人が得をしないように上手にできたシステムだったようでとても落胆した。もっと銀行のマイカーローンを知らせたいと強く思った。