初心者での自動車ローン利用

今回初めて自動車ローンを利用してみました。実は以前信販会社に勤めていたことがありましたが、クレジットカード担当だった事もあり自動車ローンの実務等に関してはほとんど知らず、初心者と同じです。まずはローンを利用する前に、自動車ローンについて、疑問がいくつかありました。

よく普通にローンで買ったという話を聞きますが、そんな簡単にローン審査に通るのか。一番の疑問点です。また今は信販会社等のローンの他に、ディーラーの系列会社であるローン会社による残価設定ローンなるものがあります。残価設定だと金利も低いようですし、初心者には魅力に映りますが、はたしてほんとにそうなのか。通常金利も低いとなると、審査も厳しくなりますが、残価設定もそうなのか。ローン申し込み時には考えませんでしたが、自動車を担保に取るので無担保のローンよりも審査は甘いのでしょう。

以上の事が胸につかえた状態で、ディーラーに行き色々話を聞きました。話を聞く中で、自動車購入に踏み切るわけですが、結局ローンの事が頭を離れないままでした。最終的にディーラーはローン審査をパスしないとお客が自動車を購入できない事になるので、もう少し事前にローン等について説明をすべきではないかと考えます。


結論からすると、初心者でも月々返済の負担が軽く、わかりやすい自動車ローンとして残価設定を選択しました。購入金額が決まったので、36回と60回で比較。月々の負担は当然36回のが多いが、60回よりも総額は少ない。悩みに悩んだ末に36回に。当日ディーラーを訪問するまでは60回にする予定だったが、最後に変更。やはり初心者なので決断力が弱い。ローンの申込に記入をする際、非常に気にしたのは3点。年収と勤続年数、さらに他者情報。年収は十分だが、転職して日数が少ないうえに、他社情報も多数あり。正直厳しいと考えてました。

申込の際には、審査に通らないならば保証人を立てますとまで言いました。担当者は、滞納ありますか。携帯等の滞納がなければ通常通りますよ。ダメになるケースはほとんどありません。とまで言われ、15分以内にローン会社から後程連絡が行きますのでよろしくと言われました。初心者的にはこれは審査通過なのか。単なる確認なのか。自動車ローンはいまいちわかりにくい。結局審査は通りましたが、何日もまった後に契約書のはがきが送られてくるまで、ひやひやでした。初心者じゃなければここまで心配しなかったのでしょうが、長く感じた初の自動車ローンでした。