自動車ローンを使用するメリット

自動車をローンで購入する場合、オートローンには信販会社系のクレジットによる自動車ローンと、銀行などが融資をする自動車ローンというものがあります。基本的にどちらの自動車ローンも総量規制の対象外のローンのため年収の3分の1を越えた金額でもローンを組み込む事が出来ます。さて信販会社のオートローンよりも銀行が取り扱う自動車ローンは、どういったメリットがあるでしょうか。一番に言えるのが金利が圧倒的に信販会社のオートローンに比べて低いという事です。

自動車を購入する場合、基本的に金額がかなり大きいものですから、この金利というものは非常に重要な部分と言えます。基本的に長期にわたって支払っていくローンはこの金利が違えば、総支払額でかなり金額が変わってきますので、信販会社のオートローンよりもお得だということが言えます。

ただ注意していただきたいのが変動金利を使用したローンの場合、長期のローン期間ですと金利上昇など影響を受ける事が多いので注意が必要です。状況によっては固定金利の方がお得になる場合もありますが、それでも銀行が取り扱う自動車ローンの金利はすごく魅力的であり、これ以上のないメリットとして受け取る事が出来ます。


銀行の取り扱う自動車ローンのメリットは他にもあります。それは車の所有者名義が購入者本人になるという事です。一般的に信販会社の取り扱うオートローンを使用した場合は、所有権留保という形で、所有者名義が信販会社になる場合がほとんどです。しかし銀行が取り扱う自動車ローンでの購入の場合、所有者が購入者本人の名義になることが殆どなので、納車後にもし売却をするとなっても手続き等がスムーズに行うことが出来ます。

もちろん完済後に所有者の名義変更をする手続き等も必要がないので、そういった部分も煩わしさがありません。ただ場合によっては信販会社同様に所有権留保をされる事もあります。他にも信販会社のオートローンよりも限度額がかなり高い場合が殆どです。こういった部分に関してもメリットを感じる事が出来ます。やはりグレードの高い車両を購入しようとする場合、金額が高額になりがちです。そういった部分にも余裕をもって対応する事が出来るのが銀行が取り扱う自動車ローンのメリットと言えます。返済方法に関しても信販会社のオートローンと同じように多数ありますので、そういった点を加味してもメリットの多い自動車ローンを使用して、自動車の購入に至るのが賢い選択ではないかと言えます。